知っておけば必ず役立つ!?外壁塗装の豆知識を初心者にもわかりやすくご紹介!

当サイトでは知っておきたい、外壁塗装の豆知識を初心者にもわかりやすくご紹介しています。
家の外壁の塗り直しを考えているのならば、きっと参考になるはずです。
雨漏り診断士は、外壁の塗装によって雨漏りを防止できる知識と技術を持ちます。
雨漏り対処のプロの存在は、現代社会に役立つはずです。
資格の有無は、外壁の塗装に携わる業者の良し悪しの判断材料の一つになりえます。
品質の良い仕上がりを期待できる業者選びに役立つかもしれません。

目次
  1. 知っておけば必ず役立つ!?外壁塗装の豆知識を初心者にもわかりやすくご紹介!
    1. 外壁塗装工事に欠かせない塗装工事業許可とは?
    2. 塗装技能士の資格を持つ塗装業者に外壁塗装を依頼するメリットとは?
    3. 足場の組立て等作業主任者の資格を持つ外壁塗装業者のメリット
    4. 外装劣化診断士は外壁塗装のアドバイスや提案ができる強みがある
    5. 外壁塗装工事中は留守をしても大丈夫?(2023/1/11)
    6. 外壁塗装工事中は窓を開けることは可能?風通しが気になる場合は?(2023/1/11)
    7. 外壁塗装工事中、洗濯物を外で干しても大丈夫?(2023/1/11)
    8. 外壁塗装工事中に騒音が発生するケースとは?(2023/1/11)
    9. 外壁塗装の際に行われる高圧洗浄の水が室内に入らないよう注意(2023/1/11)
    10. 外壁塗装工事中で家を空けるときは空き巣などに注意(2023/6/1)
    11. 外壁塗装工事のときにエアコンは使える?(2023/6/1)
    12. 外壁塗装と屋根塗装を同時に行うと足場費用を1回分節約できる(2023/6/1)
    13. 外壁塗装の色を決めるときには屋外でカラーサンプルを使うのがコツ(2023/6/1)
    14. 外壁塗装はシンプルな外壁形状ほどコストが下がる(2023/6/1)
    15. 外壁塗装の最新技術はどこの会社でもやっているわけではない(2023/11/2)
    16. 外壁塗装に使える補助金制度がある自治体も(2023/11/2)
    17. 外壁塗装をする場合には修理もセットで行う(2023/11/2)
    18. 外壁塗装を施す際には塗料の耐久性を意識することが大切(2023/11/2)
    19. 外壁塗装をするタイミングは汚れだけではない(2023/11/2)

知っておけば必ず役立つ!?外壁塗装の豆知識を初心者にもわかりやすくご紹介!

外壁塗装の初心者であるため、塗装に関して分からないことが多いという人もいるのではないでしょうか。
外壁塗装は、住宅の外観を美しくし建物を保護するために役立っています。
ただし施工する際の天候や気温によって、仕上がりが異なってくる場合もあるため注意が必要です。
また外壁塗装は湿度85パーセント以上の場合には施工出来ません。
たとえ雨天でなくても湿度によって、施工できないケースがあることは知っておきたいところです。

外壁塗装工事に欠かせない塗装工事業許可とは?

塗料を塗り付ける工事は塗装工事と呼ばれ、国内には多くの塗装会社が存在します。
一定金額以上の外壁塗装工事を請け負う場合は、塗装工事業許可が必要になります。
塗装工事業の建設業許可を取得したい場合は要件があり、要件を満たしているなら書類で証明します。
経営業務の管理責任者や営業所に常勤して職務に従事している専任技術者が必要で、他にも様々な条件があり申請先の行政庁が指定している書類上で証明します。
経営業務の管理責任者になりたい場合は、建設業界で5年以上の経営経験が必要になります。
一級土木施工管理技士や建築塗装工、金属塗装工も塗装工事業の専任技術者になれます。
塗装工事で10年以上の実務経験を持っている人も専任技術者になれますが、常勤が条件です。
外壁塗装工事は建物の安全を守る仕事なので、塗装会社の選択では塗装工事業許可の確認も必要になります。
長年の経験と実績を持つ塗装会社でも、事前に会社の詳しい情報を調査した方が安心して工事を任せられます。

塗装技能士の資格を持つ塗装業者に外壁塗装を依頼するメリットとは?

外壁塗装などの塗装工事を行うにあたって特別な資格は不要ですが、塗装技能士の有無は塗装業者選びにおける判断材料となります。
これは国家資格の技能検定制度のひとつで、取得するには学科試験と実技試験の両方に合格する必要があります。
また、この資格は難易度が高い順に1級・2級・3級の3つの等級があり、それぞれ受験資格が異なります。
3級は誰でも受験できますが、2級は2年以上の実務経験が、1級は7年以上の実務経験が必要です。
職業訓練歴や学歴などによっては実務経験の年数が短縮されることもありますが、1級は高い技術と経験を持った職人しか取得できません。
そのため、1級塗装技能士を有した外壁塗装業者に依頼すれば、高いクオリティの塗装を行ってくれる可能性が高いです。
なお、この資格を有していない職人の中にも腕が良い方は数多く存在します。
特に、年配の職人は資格を持っていない方も少なくありませんが、資格の有無は塗装業者の信頼性を見極める判断材料としてチェックしておきましょう。

足場の組立て等作業主任者の資格を持つ外壁塗装業者のメリット

足場の組立て等作業主任者の資格を持つ外壁塗装業者は、足場を含めて塗り替え作業が任せられるのがメリットとなるのではないでしょうか。
資格を持たない場合を考えてみると、資格を持つ他の業者に足場を組立ててもらう必要が出てくるので、外壁塗装の工事に日数が掛かることが考えられます。
しかし自社で設置や塗装作業に解体を含めてワンストップで対応できるとしたら、所要日数の短い外壁塗装に期待が持てます。
更にいえば足場を手配する必要がなくなるので、コストを抑えて費用が安くなることにも期待できます。
安さは外壁塗装業者にとっても営業や競合に対する武器になりますから、コストを抑えられる強みを持っている業者に相談して任せれば、より安い費用で塗り替え工事ができる可能性があります。
メリットはこのように工期の短さと費用面が主で、早急に工事が必要だったり予算が限られている、費用を少しでも抑えたいといった人にとって特に魅力が増すのではないでしょうか。

外装劣化診断士は外壁塗装のアドバイスや提案ができる強みがある

家の劣化が進み外壁塗装を検討している場合は、最初に建物の状況を診断してもらいます。
注目を集めている外装劣化診断士は、住宅の外壁や屋根など外装部分の劣化状況を調査して診断する専門家です。
外壁塗装を正しく行うためには、外壁を見て劣化の状況を正しく判断する必要があります。
外装劣化診断士なら、劣化の度合いや適切な対処法を教えられます。
外壁塗装のタイミングは住宅によって異なり、立地条件などにより目安の期間よりも早く劣化する可能性があります。
外壁や屋根の様々な課題や性質に対応できるスペシャリストは、正しい診断を行って補修のアドバイスを行います。
見た目では判断できない外壁の本当の状態を確認できるので、診断後は安心して塗装工事を進められます。
外壁塗装に使用する塗料には耐用年数が記載されていますが、耐用年数よりも早く劣化する外壁もあるので過信は禁物です。
豊富な専門知識を備えたプロに診断してもらうと、メンテナンス費用の無駄を防止できます。

外壁塗装工事中は留守をしても大丈夫?

外壁塗装の工事中は、立会が必要な状況を除いて留守をしても問題はないのではないでしょうか。
数日で終わることのない外壁塗装は、常に作業の様子を見守る必要があるとなると大変ですし現実的ではないです。
在宅が必要なのは作業を始める前の挨拶だったり、工事が完了した後の立会などで、それ以外は理由がない限り外出しても大丈夫です。
勿論、契約通りの工事が行われているか気になる場合は自分の判断で作業を観察しても構いませんし、断られる理由はないはずです。
外壁塗装業者から立会が求められない限りは、観察するかどうかは自己判断で決めることができます。
作業中は窓を開けることができなかったり、エアコンの使用にも制限が掛かるので、むしろ外出して留守をした方が良いです。
夏場は特に家にいると暑さとの戦いになりますから、外壁塗装のことは一旦忘れて、涼しい場所に出掛けて過ごすのが理想的だといえるのではないでしょうか。

外壁塗装工事中は窓を開けることは可能?風通しが気になる場合は?

夏の間など、室内の風通しを確保したい場合には窓をあけることが多いものですが、外壁塗装工事中にはそれが可能なのかどうかとお悩みの方も少なくありません。
基本的には、外壁塗装工事を行っている機関においては窓の開閉をすることはあまりしないほうが良いものと考えられます。
もっとも、施工中でなければ室内に塗料が入り込むこともありませんが、ガラス面を養生している部分が剥がれてしまったり思わぬ部分に不具合が生じてしまったりと、安全で確実な工事を実現することが困難となってしまう場合もあるためです。
そのような観点から、風通しを求めての窓開けは慎重に考えたほうが良いものと言えるでしょう。
施工期間中にどうしても窓を開けたい場合であれば、外壁塗装の施工会社に問い合わせをすることや開ける窓の場所を伝えておくことなどの方法があります。
室内の気温の上昇を防ぐことが目的であれば、エアコンを上手に活用することもおすすめです。
そのようなことからも、外壁塗装工事期間中には窓をあけることについて状況を確認しておくことがベストと言えるでしょう。

外壁塗装工事中、洗濯物を外で干しても大丈夫?

外壁塗装工事が始まると少し生活が不便に感じることがあります。
特に悩むことが多いのが洗濯物であり、外壁塗装中は基本的に外に干すことはできません。
これは塗料や洗浄水で汚れてしまう可能性があること、塗料のシンナーの香りがついてしまうことなどの影響が考えられるからです。
また作業によっては邪魔になったり、汚さないように気を配る分作業効率が悪くなったりと、外壁塗装工事の作業に支障が出ることもあります。
ですが工事期間中全く干せないわけではありません。
実際に洗濯物を干せるのは足場を設置する前に行う現場確認の日、下地処理、養生を行う日、完了検査そして工事そのものがお休みの日となります。
どの程度の外壁塗装工事になるかにもよりますが、下地処理の日は飛散の恐れがない作業の場合外に干すことができることが多く、養生もまた影響がない場所であれば干すことができます。
このほか夜間は作業をしていないので、夜に干すことも可能です。

外壁塗装工事中に騒音が発生するケースとは?

外壁塗装工事といえば騒音ですが、具体的にどういった場面で発生するのか気になるのではないでしょうか。
外壁塗装では工事の前に足場が組み立てられますが、この足場の設置において音が発生します。
ハンマーで叩くなどの作業が行われますから、音が出ることは避けられませんし、注意しても一定以上の大きさの音が出てしまいます。
一方では外壁塗装を始める準備にあたる、汚れ落としでも気になる音が出ます。
高圧洗浄は洗浄機を使って水流で汚れを洗い流すので、高圧の水を作り出すモーターが騒音源になります。
作業時間は建物の大きさや面積などによって変わってきますから、大きくて広い家だと、それだけ住民や近隣に気を使う必要があります。
塗料を塗る外壁塗装そのものはあまりうるさくありませんが、昔気質の職人だと頻繁に声を出してやり取りをするので、気になる人にとっては無視できないです。
当然ながら足場の解体作業も組み立てと同様ですから、改めて考えると割りと気を付けるポイントが多いといえるのではないでしょうか。

外壁塗装の際に行われる高圧洗浄の水が室内に入らないよう注意

外壁塗装をする場合はいきなり塗装をするのではなく、最初に高圧洗浄で外壁をキレイにしていくことになります。
外壁をキレイにしてから塗装を開始しないと、汚い状態になっている外壁に塗料が塗られていくことになりますから危険です。
当然ながら外壁塗装で使用する塗料の効果が落ちてしまうことになるので、そのような作業を省いている場合は注意しないといけません。
高圧洗浄で外壁を洗う場合は自宅のなかに水が入らないようにしないといけませんが、大抵の場合は作業をする前に窓を閉めてほしいと伝えられると考えられるので、すべての窓を閉めておかないといけないです。
換気をしたいと考えている場合でも、そのタイミングだけは窓を閉めないといけません。
職人さんの言うことを守れば自宅のなかに水が入ってくるようなことはありませんから、過度に心配する必要はないです。
仮に少しでも水が入ってくるような場合は、すぐに職人さんに声をかけることで作業をストップしてもらえます。

外壁塗装工事中で家を空けるときは空き巣などに注意

外壁塗装の際には養生の都合上、玄関の鍵などが掛けにくくなってしまうことが少なくありません。
鍵をかけずに外出してしまった場合、空き巣等が入ってしまうことがあるので注意が必要です。
外出時には必ず施錠し、様々なトラブルを防ぐようにすることが重要です。
外壁塗装の工事を行っている場合、職人が作業をしているので安心だと思い施錠しないと言うことも多いのですが、職員は作業に没頭しているので空き巣等が入っても気がつかないと言うことが多いものです。
またその責任は職人は負うことができないので、自分でしっかりと管理をすることが重要です。
外出をする場合などは職人に一声かけると同時に、しっかりと施錠をして出かけることが大切です。
できるだけ作業中は外出をしないようにすることが良い方法で、様々な色人とのトラブルを防ぐためにも効果的な対策となります。
その際には必ず鍵を掛けるようにし、トラブルが発生しないようにすることが良い方法です。

外壁塗装工事のときにエアコンは使える?

夏の時期などに外壁塗装工事を行う場合、エアコンが使えないかと悩むことがあります。
少し前までは使用をしてはいけないと言われることが多かったのですが、現在では専用の室外機カバーをつけると基本的に外壁塗装工事中であっても使用は大丈夫です。
これは昔はビニールのようなもので室外機全体を覆っていたのですが、技術の発展により通気が確保されるメッシュ状の室外機カバーが出回るようになり、使用する業者が多くなったからです。
さらに専用の室外機カバーがなくても、一部分を開けてビニールで養生すれば通気は確保されるので、使用が可能になっています。
ただしいくらメッシュ状のものを使用したとしても、常に使うことはできませんし、使用する前には外壁塗装工事の業者に使用の可否を確認しなくてはなりません。
もし知らないで使用した場合、故障してしまう恐れがあるからです。
トラブルにならないためにも、施工に入る前にいつならば使用できるかを打つ合わせしておくと良いでしょう。

外壁塗装と屋根塗装を同時に行うと足場費用を1回分節約できる

外壁塗装と屋根塗装は、どちらもコストが掛かる為に別々に行おうと考える人もいるのではないでしょうか。
結論からすれば外壁塗装と屋根塗装は同時に行った方が、結果としてコスト削減に繋がり節約になります。
理由は簡単で足場費用が2回ではなく1回分で済むからで、この足場に掛かる費用分が節約できるわけです。
足場は塗装の現場では必須で避けて通れないものですから、工事の回数を減らさずにコストを下げるのは困難です。
しかし2回分を1回にまとめてしまえば、足場を2度設置して解体する手間とコストが避けられます。
工事の日数の短縮にも繋がりますから、傷んだ住宅の壁や屋根の補修を考えているのであれば、信頼できる業者にまとめて依頼することをおすすめします。
どちらも10年に1回は塗替えを検討する必要がありますし、外壁塗装を先送りにしたり後回しにすると、傷みが進行して建物の壁内や躯体にも影響し始めますから、必要なコストと考えて節約できる方法を選択するのが賢明ではないでしょうか。

外壁塗装の色を決めるときには屋外でカラーサンプルを使うのがコツ

外壁塗装の色決めは難しいイメージがありますが、ポイントを押さえれば案外簡単になるのではないでしょうか。
そもそも外壁塗装の色決めを難しく感じるのは、屋内で写真やパソコンなどの画面を見て検討することに理由があります。
外壁塗装は屋外で行うものですから、色決めの確認についても外で、可能であれば実際に塗料を塗る建物の近くでするのが望ましいです。
このポイントとなるのがカラーサンプルで、塗料の色を確認するサンプルを手に、屋外で候補のリストアップやすることをおすすめします。
屋内で外壁塗装の塗料を決めても、実際に塗るとイメージと異なりますし、場合によっては大きく違うと感じる原因になります。
やはり照明の光と太陽光のもとでは塗料の色も違って見えるので、屋根に近いところでカラーサンプルを使用して確認することが大切です。
一番良いのは本物を塗って確かめることですが、現実的にはカラーサンプルをベストな条件で使用する方法をとることではないでしょうか。

外壁塗装はシンプルな外壁形状ほどコストが下がる

経年劣化により家の外観が古くなっている場合は、外壁塗装を行って美観を保ちます。
外壁の形状は建物によって異なり、シンプルな形状ほどコストが下がります。
複雑な形状だと細かい部分にも配慮が必要になるため、全体の費用が高くなります。
外壁塗装で使う塗料には様々な種類があり、目的に合わせて選択します。
冷暖房費を抑えたい場合は遮熱機能を含む塗料を選び、雨漏りが気になる場合は防水機能が強化されている塗料を選びます。
塗装の工程は、下地処理から上塗りまで大きく分けて4段階に分類されています。
下地処理は塗装前の準備で、油類や錆を落として表面を綺麗な状態に保ちます。
基本の塗装回数は3回で下塗りが終わると中塗りの段階に進み、最後が上塗りの工程です。
複雑な形状の外壁は、ワイヤーブラシなど専門の道具を使って表面を丁寧に整えます。
電動工具は段差の調整や切断などにも使われる便利なツールで、外壁塗装の様々な場面で活躍しています。

外壁塗装の最新技術はどこの会社でもやっているわけではない

外壁塗装の最新技術は、全ての塗装会社で一律に採用されているわけではありません。
これにはいくつかの客観的な理由があります。
まず外壁塗装の最新の技術は、継続的な研究開発と専門知識が必要です。
塗料の新しい配合、施工方法の改善、環境に配慮した塗装材料の開発など、技術は常に進化しています。
したがって、すべての塗装会社がこれらの技術を導入することは難しいでしょう。
第二に塗装の最新技術を採用するには設備や教育の投資が必要です。
新しい機器や材料を導入し、従業員にトレーニングを行うには、企業による資源の充実が不可欠です。
経済的な制約や競争環境によって、すべての塗装会社がこれらの投資を実行することが難しいことがあります。
第三に塗装の技術は、地域や市場によって需要が異なります。
一部の地域や市場では、より高度な技術が求められるかもしれませんが、他の地域では従来の技術でも十分なのかもしれません。
したがって、地域ごとに塗装会社の技術水準に差異が生じることがあります。
最後に、外壁塗装の技術を採用するには、許認可や規制に対する遵守が必要です。
新しい技術や材料の使用には、安全性や環境への影響についての評価が含まれることがあります。
これに対応するためには、時間とリソースが必要です。

外壁塗装に使える補助金制度がある自治体も

新築でマイホームを購入したとしても、年月が経過すればやがては劣化してリフォームが必要となります。
特に外壁は常に屋外で風雨にさらされているため、建物のなかでも傷みの大きな部分といえます。
そのため定期的に外壁塗装をすることによって、風雨に耐えるだけのコーティング力を取り戻すことが必要となってきます。
外壁塗装には一度に最低でも数十万円はかかることから、できるだけ安く済ませるためには、行政による補助金を活用するのがベストな方法です。
ただし自治体によってこうした制度があるかどうかは違ってきますので、着工前に確認しておくことが重要です。
一部の自治体では市民向けにこうした制度を導入しており、住宅の耐熱化による化石燃料の使用削減など、単なる行政サービスのひとつというよりも、明確な政策目的を有していることも少なくはありません。
たとえば断熱塗料の使用が必須となるなど、補助金の申請にあたってもいくつかのルールを満たすことが条件です。

外壁塗装をする場合には修理もセットで行う

外壁塗装といえば文字通り家の外壁の塗料を新しく塗り替えることですが、実際には塗装そのものの作業に先立つ下準備として、既存の外壁の修理をともなうケースが多くみられます。
これらは通常、修理費用までも含めて外壁塗装の料金に計上されますので、詳細な見積もりを取って項目を確かめてみるのがよいでしょう。
具体的にどのような項目が挙げられているかですが、たとえばひび割れや剥がれのある箇所のコーキングがあります。
大きなひび割れがあると雨水が内部に浸透してカビや腐食の原因となってしまい、そのまま放置すればやがて家全体にもダメージを与えてしまいます。
そうならないようにするためにコーキングで穴をふさぐ作業はぜひとも必要であり、コーキング箇所を目立たなくする意味でも、外壁塗装の前に行うべきものといえます。
ほかに外壁パネルの継ぎ目のコーキングが剥がれてしまっている場合も同様で、上から塗り足しをするか、または以前のコーキングはいったん剥がして再度充填する作業を行います。

外壁塗装を施す際には塗料の耐久性を意識することが大切

外壁塗装を施す際には、塗料が持つ耐久性を意識することが欠かせません。
新築で建てた家屋であっても、歳月が経過するに従って、節々に劣化が生じることは有り得るものです。
外観の衰えを放置しておくことは、雨漏れを生じさせたり、害虫の侵入を招いたりすることにも繋がります。
少しでも外観の劣化を感じた際には、早めに外壁塗装に関する相談を行った方が良いでしょう。
外壁塗装を行う際には、塗料によって耐久性が大きく変わっていくことを意識しておくことも欠かせません。
ウレタン製の塗料であれば、少ない費用での塗装は行なえますが、長きに亘って耐用させることは出来ません。
塗装に投じることが出来る予算に余裕がある場合には、シリコン製の塗料のような、長期的に耐えられる塗料での施工を行う方が良いでしょう。
外壁塗装に関するサイトには、一括で複数の事業者に対する見積依頼が行えるところも見られます。
自宅の塗装に投じられる予算が決まった際には、幾つかの事業者をピックアップした上で、塗装に関しての見積を依頼してみることも大切です。

外壁塗装をするタイミングは汚れだけではない

外壁塗装を行うタイミングには目立った汚れなどをあげることができますが、実際には他の現象も複数あります。
有名な現象の中には外壁の表面に触れると白い粉が付着することがあり、塗料が劣化している証拠になります。
日焼けによる現象もあり、日当たりの良い外壁面だけが他の面と色が薄くなっているなどの現象でも、外壁塗装のタイミングです。
重要になる項目の中には雨漏りの現象などもあり、実際に屋内側に雨漏りは起きていないとしても、外壁材を十分に観察すると、湿気を多く含んでいる箇所を見つけたり、サイディングの場合は継ぎ目が開いていたり継ぎ目に水分が蓄積されている場合では、早急に外壁塗装を行う必要性があります。
サイディングの場合は窯業製は特に注意が必要になり、水分を含みやすい素材になるので、一定期間が経過すると湾曲している部分が出てしまうと破損してしまいます。
モルタルやコンクリートの外壁は分かりやすく、ひび割れやクラックが目立つ様になれば外壁塗装のタイミングです。